うちのキャンピングカー紹介するよ!

キャンピングカー
本ページはプロモーションが含まれています。
この記事を読んで欲しい方!
・キャンピングカー購入を検討している方
・ハイエースベースのキャンピングカーサイズを迷っている方

今のキャンピングカーを選んだ理由、実際約2年乗ってどうなのか?などハイエースベースのキャンピングカーユーザーのこはくファミリーが紹介します!
軽自動車で狭い中で車中泊を十分に体験してきた私達だからこそ、今の快適さを噛み締めることができる!キャンピングカー購入を悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

FLEXのモビーディック

こはくファミリーのキャンピングカーはハイエースやランドクルーザーを専門に扱うFLEXが出しているモビーディックというキャンピングカーです。
約10年前から軽自動車(エブリィワゴン)で全国車中泊の旅を楽しんでいましたが、途中から犬も加わりなんせ狭い。旅先でキャンピングカーを見ては「いいなー退職したら欲しいよね」と思ってましたが、ふとしたことから購入に至りました。
購入に至った経緯はプロフィールをご覧ください。

ハイエースワイドのスーパーロング・ハイルーフを選んだ理由

車の中で立てる(私が)!これにつきます。

こはくファミリーのキャンピングカーはハイエースのスーパーロング・ ハイルーフがベース車です。
結論、私がハイエースのワイド、スーパーロングを選んだきっかけは「車の中で立てた」からです。

今まで軽自動車で車中泊をして大変だったこと3選

  • 雨の日や寒い時にも一旦外に出て後ろの荷物を前の席へ移動する必要がある
    ベッド展開する時に狭い車内で荷物を前に持って行って、後部座席を倒して寝床を準備して・・と大変な思いをしてきました。
  • 朝着替える時が大変
    車の中では立てないので座りながら着替えるってかなり大変です
  • 狭い
    途中から犬が増えたのでさらに狭くなりました。冬の連泊はとくに荷物が多く大変でした。

それが今は車の中で立って歩ける、なんなら軽くストレッチもできる。
これは衝撃でした。私の身長は155•5㎝、立ってあと数センチ余裕がある程度です。
着替えも立ってスムーズに着替えることができます。
もし次買い換える時もハイエースであれば絶対にハイルーフ一択、なくらい車の中で立てるって最高です。

標準ボディでもハイルーフ設定はあるのですが、スーパーロングのワイドボディの内装を一度見て体験してしまうとベッド展開した時のベッドの広さ、ベッド展開してもまだ余裕がある広さに惹かれました。

FLEX モビーデックを選んだ理由

大きな冷蔵庫がある

私たちの旅で冷蔵庫は必須です。
寄った先で冷蔵商品を買って夜食べることができる、飲み物を冷やすことができる。冷蔵庫があることで旅のクオリティがグッと上がりました。
そして冷蔵庫は縦型が良いです。容量が多く入る、走行中も庫内の物が安定する、取り出しのしやすさなど縦型のメリットは多いです。

水回りはを重視する?しない?

キャンピングカー(8ナンバー登録)として登録するには水回りの搭載が必須です。
こはくファミリーは水回りは最初から「いらないなー」となんとなく思ってました。
なので最初から水回りは特に拘らず、いかに簡単にベッド展開できるかを考えて選びました。

シンプルなレイアウト

モビーディックには人数や目的に応じて数種類のレイアウトがあります。
私たちが購入したのはSH♯02でベース車はワイドボディスーパーロングハイルーフキャンパー特装です。
フレックス モビーディック https://www.flexnet.co.jp/mobydick/このシンプルな内装に惹かれました。

納車までの時間が短かった

私たちが購入を検討したのがコロナ禍でキャンプブーム真っ只中。
どこも何年待ちの中、購入決定から約2ヶ月で納車でした。
これが案外1番の理由かもしれません。

あと担当していただいた営業の方との相性もあったと思います。
納車まで実物を見ることなく、担当さんとも全てラインや電話でのやり取りでしたが、質問にもすぐに対応して下さり、納車まで不安なくスムーズに進めることができました。

乗りごごち、運転しやすさ

やはりバン、はどこまでもバンです。
普通乗用車の乗りごごちをイメージしてはいけません。
色々カスタムして乗りごごちの改善策はあるみたいですが、まだそこまで至っていません。
運転席と助手席でもお世辞にも乗り心地は良いとは言えませんし、後ろに乗った素直な感想としては「かなり揺れる」です。
路面が少しでもガタガタしているとそのまま下から突き上げるような感じです。
*あくまでも車にど素人の率直な感想です。

運転してみた感じは内輪差、怖いです。
バックの感覚、どこで切ればいいかいまだにわかりません。
何度か「ここ無理!」と旦那さんに運転を変わってもらっています。
ショッピングモールの駐車場はなるべく車の少ない場所に泊める、車が長いので前が出ないような場所に泊めるなどの配慮は必要で、もちろん軽のような小回りはできないので、行ける場所の制約は必然と出てきます。
高さ制限もあり2.3M以上ないと入れません。立体駐車場は入れない場所も多いです。

旅行の計画を立てる時には要注意

旅行の計画を立てる際にGoogleマップで道の狭さや、駐車場の場所などを事前に調べることは必要です。普通車であれば難なく通れる場所も少し山道などになるとすれ違いが厳しそうだな、駐車場が狭そうだな、など軽自動車で旅をしていた頃とは違う視点で旅行計画を組む必要があります。

内装紹介するよ!

納車時の内装です。

後部座席をベッド展開すると大人2人余裕で寝られます。
カーテンは遮光カーテンをつけています。

結果、どう?

退職してから買おうと思っていたキャンピングカー。
退職をまたず思い立った時に購入してよかったです。後悔はないです。
私が旅に求める「非日常感」のクオリティがグッと上がりましたし、連休がさらに楽しみになりました。
ベース車で悩んでいる方はぜひ一回ハイエースに試乗してみてください。
そして中で座って実際の動き(着替え、食事など)をイメージしてみることをおすすめします
何人で乗って、どんなことをしたいか。イメトレがかなり大事です。(これはとあるキャンピングカー専門店の店員さんもおっしゃっていました。)
キャンピングカー購入を迷っている方、いつかは購入したいと思っている方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました