ハイエースに天井収納を自作!デッドスペースを有効活用! 

キャンピングカー
本ページはプロモーションが含まれています。
この記事はこんな方向け!

キャンピングカーでの収納を増やしたい方!
ハイエースの天井収納のDIY方法について悩んでいる方!

今回はハイエースベースのキャンピングカーに収納を作ったので紹介します。
車中泊って荷物が自然と増えてベッド展開する時に荷物をどかしたり、荷物が多いと大変ですよね。
私達も特に冬は布団が邪魔で、朝起きて片付けたり夜準備するのが何かと大変でした。
この記事を読んでもらえれば簡単に、手頃な値段で車内泊の限られたスペースでのデッドスペースを有効に使って収納を作るヒントになると思います。
ぜひ参考にしてみてください。

※記事内に広告プロモーションを含む場合があります。

天井収納を作ってみた!


リア左側には納車時からアイアンバーがついており、そこにフックをかけてカバンなどをかけていました。
しかし布団、枕など大物がかさばりなんとかベッド周囲をスッキリ出来ないかと考えていました。
そこで色々試行錯誤した結果、こうなりました

写真右側の板とアイアンバーは納車時からついていたものです。
左側にも同じよう板とアイアンバーをつければネットなどを這わすことができると思い、購入したFLEXさんへ問い合わせました。
なんと板持ち込みOKで工賃のみで板をボディに打ち付けてもらいました!
板から全てお願いした場合は2〜3万とのことでしたが板を持ち込むことで、工賃のみで5000円で綺麗に施工していただきました。
特装車のため断熱材などが入っており通常の施工よりは大変だったようですが、3時間ほどで完成させていただきました。
この板がつけば自分でフックを打ちつけたりなんとでも加工できます。ここからは自作しました。

準備したもの

  • マルチバー
    カインズホーム マルチバー 大 アンティークゴールド 商品コード4549509480167
  • ネット(これは以前自宅で使用していたフェンスなどの目隠しです)
  • 木ねじ(カインズ ブロンズさら木ねじ 3.5✖️20)
    板の厚さを測り、付き出ない長さを測りました。

方法

マルチバーを既存のバーと大体同じ高さ、前後位置に取り付けそこにネットをはわして完成です。

生活感がかなり溢れていますが、布団と枕を天井に収納でき、ベッド周りがかなりスッキリしました。

フックをつけてみた!

業者さんに板を取り付けてもらった部分も含めて、左右にフックをつけました。
袋をかけたり、テッシュケースをかけたりと、デッドスペースを有効に使うことができベッド展開の際に荷物をどける手間も少なくなりました。

準備したもの

  • カインズ アイアンウォールフック 5連 ブラック 63137 商品コード4512706631373
  • カインズ アイアンウォールフック 5連 ゴールド 63138 商品コード4512706631380
  • 木ねじ(カインズ ブロンズさら木ねじ 3.5✖️20)

一応板の色と合わせてゴールドとブラックにしてみました。
かなり揺れるハイエース後部ですが、落ちてくることもなく今のとこを問題なく使用できています。

まとめ

自分が過ごすスペースが快適になるように、色々試行錯誤しながらのDIYは楽しいですよね。
これからも少しでも参考になるようなDIY紹介していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました