犬も乗れる!佐渡汽船で行く佐渡島観光

観光地
本ページはプロモーションが含まれています。

犬連れで2泊3日工程で佐渡島観光へ行きました。犬はフェリーって乗れるの?船の中はどんな感じ?どんなプランで回ればいい?等、これから犬連れで佐渡島旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

この記事をぜひ読んで欲しい方!
・犬ずれで佐渡島旅行を考えている方
・佐渡島での観光プラン検討中の方

新潟観光についてはこちらの記事も!

2泊3日で楽しめる佐渡島旅行

1日目 夜の便で佐渡島へ フェリーではクッションが持参必須!

丸1日新潟観光をしてから19時30分の便で佐渡島へ渡ります。事前にチケットは公式H Pから予約しました。
新潟港 → 両津港
料金:軽自動車+大人2人 犬1匹 ¥20,710
予約していたので1時間ほど前に港へ到着、すでにたくさんの車がいました。

船内の様子

犬は室内には入れません。
基本的にデッキにいることになりますが、犬が入れるスペースが区切られていました。
または犬専用の1畳ほどの個室がありしたが、すでに個室はいっぱいでデッキで2時間半過ごしました。
デッキは冬はかなり寒いので防寒着必須です。
犬連れの場合は個室を利用したいところです。
船内はかなり広くペットカートを持ってデッキへ出ることができます。
デッキまでの移動中は犬は下に降ろさないようにしましょう。
スリングで抱っこして移動しました。

特にデッキ利用する場合は椅子が硬いので車からクッションやおしりに敷くものが必須です!!
今まで何度かフェリー移動しましたが、毎回忘れて毎回後悔しています。
軽食コーナーがあり、まだ空いていました。

両津港着

22時に両津港着
この日は遅いので近くの公園をお借りしてすぐ就寝。両津港から車で5分で助かります。

2日目 北沢浮遊選鉱場 → 佐渡金山 → 宿根木 → 佐渡弁慶(回転寿司)

北沢浮遊選鉱場

両津港から車で約50分。8時30分着、誰もいません。
実際に見るとすごい迫力です。
実際に稼働していた頃は1ヶ月に50,000トン以上の鉱石を処理していたそうです。
今は使われていない緑に覆われたコンクリートの塊を目の前にするとなんとも言えない気持ちになります。

佐渡金山

北沢浮遊選鉱場から車で5分。9時過ぎ着。犬は抱っこしていれば坑内も見学できます。
坑内はかなり涼しいため夏でも羽織ものは必須です。坑内はスリングで移動しました。


坑内から出たところで道遊の割戸へ。

宿根木

昼ごはんには回転寿司佐渡弁慶へ行きましたが数時間待ち、とのことで予約番号だけ取って宿根木へ。13時30分頃着。
古い街並みがいい感じです。

回転寿司 佐渡弁慶

かなり遅い昼になりましたがさすが人気店だけあって新鮮で美味しかったです。
昨日泊まった公園で就寝。

3日目 早朝の便で新潟へ

朝5時半のフェリーで新潟へ。
帰りのフェリーでは室内で犬スペースがありました。
軽食コーナーは9時からなので朝ごはんは乗る前に調達が必要です。

この後の新潟観光の記事はこちら

まとめ

フェリーが夜遅く朝早い便だったので大変でしたが、前後の日程がかなり有意義に使えるのでよかったです。これから愛犬と佐渡島旅行を考えている方の参考になれば嬉しいです。
北沢浮遊選鉱場は早めに行くと人がいないので映える写真が撮れます。
犬連れのフェリー利用には椅子に敷くクッションは必須!あるのとないのでは快適さが違います。
注意)R4/8時点の情報です。船の時刻表などは今も変わっていないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました